第二十九回 喫茶いずみのペーパードリップの条件

以前も当店の抽出方法をこのコラムで紹介しましたが、やはりご家庭での抽出についての質問が多いのでもう一度当店の抽出条件を紹介します。

こちらもあわせて見てください。

(ペーパー抽出方法)

(ネル抽出方法)

ご家庭ではペーパードリップによる抽出が主体だと思いますのでそれを改めて紹介します。
まず自宅でペーパードリップする第一条件として、コーヒーは粉砕したたてのものを使ったほうがやりやすいです。
粉砕されて時間の経ったものは、お湯をさしたあとのコーヒー粉の膨らみが弱いか、なくなるので大変難しい。
膨らまない粉でもチョロチョロお湯をたらせばある程度の濃度は調整できますが一般の方は難しいです。

★基本は粉砕したてのコーヒー粉を使用

以下が以前も書きましたが喫茶いずみでの抽出条件です。

 

①湯温

80度~95度

ずいぶん幅があると思う方もいらっしゃるでしょう。
沸騰したお湯を1分そのまま火からはずしておいておくか、沸騰した湯を別のポットに移し変えれば適温になります。
古いコーヒーほど湯温を上げるほうが、粉が膨らみやすくなって抽出しやすくなります。

 

②コーヒー粉の粉砕粒度

中粗挽き

喫茶いずみでは他店より少し粗挽きのものを使用しています。
粗挽きにして粉の使用量を多めすると、味のコクを出しながらすっきりと飲みやすいコーヒーになります。

③豆の使用量

1人分 16グラム
2人分 26グラム
3人分 36グラム
4人分 40グラム

以降1人増えるごとに10グラムづつ増やしていって下さい。

一般的なコーヒーの淹れ方の使用量より少し多めになってます。
これはコーヒー豆を普通より荒めのものを使っている為です。
(10グラムから12グラムを1人分としているところが多い)

④一杯の抽出量

1人分 120cc

 

以上の条件をそろえれば喫茶いずみの味にかなり近くなります。

No tags for this post.