第一回 コーヒーのおいしさとは

おいしいコーヒーとはどのようなものだろうか?

 おいしいコーヒーとは『コク』と『キレ』を両立させたものだと考えている。

『コク』がなければコーヒーを口に含んだときに味がすっぱ抜け飲んだ気がしない。

薄い味のコーヒーに感じる。コーヒーを飲み下した後に余韻を感じられない。

『コク』があればしっかりと口の中でうまみのような感覚が広がり、

コーヒーを飲み下した後でも余韻を感じるだろう。

コーヒーにおいての『キレ』とは2点あると考える。

第一に一口目を口に入れた瞬間に飲みやすいという感覚を引き起こすようなコーヒーの透明感。

すっと口に入りなじんで水のように飲んでいける感覚だと思う。

二点目はコーヒーを飲み下した後に、えぐみやいがらっぽさのような不快な感覚が残らないこと。

飲んだ後にすっと引いていく感覚。のど越しが良いということ。

『コク』と『キレ』とは一見矛盾した味覚要素だと思われるが、この二つは両立可能だと思う。

おいしいといわれる喫茶店のコーヒーにはこのポイントは必ず満たしていると思う。

当店も『コク』と『キレ』を両立させたコーヒーをお客様に提供していくことに細心の注意を払っている。

                                                                  

No tags for this post.