第三十三回 高級コーヒー

超高額コーヒーは現在どんなものがあるのでしょう?

まず高いコーヒーの代名詞

「ブルーマウンテン」

「ハワイコナ」

が一般的に思い浮かぶ高級コーヒーでしょう。
他にもこのコラムで紹介した、

 
「コピ ルアク(猫のウンチのコーヒー)」

もういちど簡単に説明すると、ジャコウネコの糞から取れる未消化のコーヒー豆のことで、
独特な香りをもつ。産出量が極めて少ないので、
前出のブルーマウンテンやハワイコナよりも高値で取引されている。
さらに

 

「ゲイシャ(コーヒーの品種)」

 

ゲイシャとは最近注目されているコーヒーの品種です。
パナマにあるエスメラルダ農園というところの国際オークションで2004年に
コーヒーの原価としては考えられないくらいの価格で取引され注目されています。

 

そして現在、パナマ、コロンビア、コスタリカの一部の農園で栽培されていて通常のコーヒーよりは高値で取引されています。
ブルーマウンテンやハワイコナといったコーヒーの他にも「コピ ルアク」や「ゲイシャ」という名前をみたら高級コーヒーと思ってください。

No tags for this post.